肌の手入れTop >  症状別 >  ニキビ

ニキビ

ニキビは白ニキビ、黒ニキビなど、状態により呼ばれ方が変わりますが、原因を特定するのが難しい症状です。

肌の手入れが十分出来てない場合にニキビになりますが、思春期のホルモンのバランスの崩れが原因でなる場合もあります。他にも仕事が残業になり化粧をしている時間が長くなることことが原因になることもあります。もちろんチョコレートを食べたら、ニキビが出来るという方もいるでしょう。

対処法は、洗顔と保湿をきっちりし、規則正しい食生活を心がけることが大事になってきます。

まず洗顔に関してですが、洗顔料はアルカリ性は避けた方がいいでしょう。アルカリ性の洗顔料だと洗浄力が強すぎて皮脂を取りすぎてしまいます。ニキビができているせいで、外気からうまく肌を守れなくなっているのに、さらに皮脂をとりすぎると雑菌が付きやすくなり肌のトラブルが酷くなります。

清潔に保つ必要はあるのですが、必要以上に皮脂を取りすぎるとニキビはさらに酷くなります。できれば弱酸性の洗顔料、もしくは中性の洗顔料をつかうようにしましょう。

化粧水だけでは乾燥するという方も、乳液やクリームは控え、油分の少ない美容液を使うことをオススメします。美容液は栄養価が高いものではなく、ヒアルロン酸などの天然保湿因子がたくさん入ったものが良いと思います。

油分が多いと、ニキビが悪化する原因になりかねません。洗ったらすぐ化粧水を付けて、肌を刺激から守るのもとても大切です。洗面所に化粧水を置いておき、外気に触れる時間を出来るだけ少なくしましょう。後、ビタミンC誘導体という成分が入った化粧品もあります。炎症を抑える効果があるためニキビに効果的です。