肌の手入れTop >  部分洗顔 >  まつ毛の育毛、ケアには・・

まつ毛の育毛、ケアには・・

アイラインのケアは、髪の毛と同じように考えてみれば分かりやすいと思います。


アイラインを入れる方はたくさんいますが、水溶性でないものや粗悪な商品を使った場合、毛穴が詰まる可能性があります。毛穴が詰まると炎症を起こしたり、毛根に栄養が行き渡らなくなり抜けてしまう恐れも出てきます。ニキビが出来たり、まつげが少なくなってしまう原因は洗顔にもあるんですね。


アイラインを入れた場合はクレンジングを丁寧にするようにしましょう。マスカラをつけた場合も同じです。毛先に付けているつもりでも、少しはまつげの根元に付いてしまいます。取れてきた時に、毛穴をふさいだりする場合もあります。目の淵のクレンジングは丁寧にするようにしましょう。


ただし注意点があります。目の際のアイラインが落ちないからと、綿棒で擦って落とすのは厳禁です。目回りの皮膚は、顔の他の部分より薄くなっています。とてもデリケートな部分なので、綿棒やコットンで擦って落とすのは後々のことを考えるとオススメ出来ません!


出来ればアイライナーは水で落ちる物を使い、日中のアイメイクの持続は<メイク>で何とかしましょう。どのようにするかというと、固形のファンデーションを目の際までしっかり付けます。


そして、アイラインはその上に乗せるという感じです。後のメイクはいつもと一緒で構いません。こうすることで、皮脂や涙にも強くなります。プールに入るのはもちろん無理ですけどね(笑)


後、アイラインを引く時のポイントは、乾く前に瞬きをすると変な所に付いてしまうので、少しずつ付けるようにすることですね。乾燥するまで待てないという方は、アイラインを引いたら直ぐに、柔らかいティッシュかコットンで少し抑えてください。


余分なアイライナーが取れて滲みにくくなります。内から外へ順番に丁寧に引いていけば大丈夫です。どうしてもアイラインが崩れちゃだめな日以外はこの方法でメイクをして、肌を労わるようにしたほうが良いと思います。