肌の手入れTop >  お手入れの方法 >  肌の保湿はクリーム?

肌の保湿はクリーム?

洗顔で綺麗にして、化粧水で潤いを与えた後、最後に肌をカバーします。カバーは誰もがやるものではなく、化粧水だけでは肌がカサカサする、少し足りないと感じる方だけしてください。カバーとはその字のとおり、肌の上に保湿剤でカバーをすることを言います。


カバーに使えるものとしては美容液、乳液、クリームがあります。油分が一番少ないものが美容液で一番多いものがクリームです。乳液はその中間になります。


カバーするときに使う順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームが正しい使い方になります。


全部を使うわけではなく、美容液で足りなければ乳液を、それでも足りなければクリームを、というふうに使います。油分の少ない順に使っていくのが基本です。


美容液の前にクリームを使ってしまうと、クリームの油分で美容液の保湿成分が肌に届かなくなってしまいます。必ず油分の少ない順に肌に付けるようにしてください。


美容液だけで十分に肌が潤うという方は、乳液などはいらないでしょう。
足りない方だけ乳液を使い、それでも乾燥するという方だけクリームを使ってください。


美容液は顔全体に使ってもいいと思いますが、乳液、クリームなど油分が多いものはカサつく部分にだけにしたほうが良いですね。乾燥もしていないオデコや鼻などの、Tゾーンと呼ばれる部分に塗るとニキビなどの原因になりかねません。使い方に気を付けてください。


最後に少し話がそれますが、油分が多い美容液には気を付けてください。保湿成分でシットリさせるのではなく、油分を多くすることで保湿感を出しているものがあります。それでは乳液やクリームと変わりがありません。知らずに使ってニキビなど肌のトラブルにならないようにしてください。