肌の手入れTop >  お手入れの方法 >  肌の保湿・クリーム前に・・

肌の保湿・クリーム前に・・

保湿で大事なのは、化粧水をケチらずにたっぷりと使うということでしょう。たっぷりとはどのぐらいかというと、滴るぐらいと覚えておいてください。それぐらい使ってちょうど良いぐらいです。たしかに化粧水をケチりたくなる気持ちは分かります。毎日使うものですからね。ドンドン減っていきますよね。でも、そのケチりたい気持ちをグッと抑えてたっぷりと使ってくださいね。

では付け方の説明です。たっぷりと使い、そして掌を使って少し押さえてみましょう。チカラを加えるのではなくそっと包み込むように手のひらを使い、水気がなくなくなるまでその状態でいます。そうすることで、ただ付けるよりも化粧水が肌に染み込んでいき、シットリすると思います。

化粧水の選び方は、保湿成分が多く入った物を選ぶと良いでしょう。ですがヒアルロン酸やPCA−Naなどの保湿成分が入った物は、それなりの値段もします。気兼ねなく、たっぷり使える値段の化粧水を選んでください。

高価な化粧水を選んでしまったために、勿体なくなってたっぷり使えないのでは意味がありません。その辺りは、自分のお財布と相談してくださいね。

それから、コットンを使う場合は、質の良いモノを選ぶことが大事です。質が悪いコットンだと肌に傷を付けてしまいます。それともう1つ、擦らないこと大事です。
洗顔後で肌がやわらかくなっているので、擦ると肌を痛める原因にもなりかねません。赤ちゃんの肌に接するように扱いましょう。