肌の手入れTop >  美容成分 >  ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

浸透しにくいビタミンCを浸透しやすくした優れものが、ビタミンC誘導体です。美白作用があるビタミンCよりも肌へ浸透するだけでなく、より長い間皮膚内にとどまるように改良された美白成分です。


なぜ美白成分と言われるのかというと、ビタミンC誘導体によりシミの原因であるメラニン色素が増えることを抑えることが出来るよになったからです。メラニン色素が増えなければ、黒くなった肌が薄い色に戻っていくという仕組みですね。


しかもそれだけではなく、細胞へビタミンCが供給されると細胞の増殖を促したり、活性酸素を除去したり、コラーゲンの合成を促したりします。炎症を抑える作用でニキビにも効果的ですし、肌の老化防止の作用まで発揮している優れものです。


それから、厚生労働省がその効果を正式に認めていて、美白効果のある医薬部外品として販売できる成分の1つでもあります。他にはアルブチン、コウジ酸、エラグ酸、カモミラET、プラセンタエキス、ルシノール、トラネキサム酸(T−AMCHA)があります。


将来的にはもっと増える可能性はありますが、現在のところ厚生労働省が認めているものはこれだけしかありません。肌の美白にはとても貴重な成分のひとつとなっています。


ビタミンC誘導体が入った化粧品が欲しくて商品を購入する場合に気をつけて欲しいことがあります。
成分欄にビタミンCと書かれているものは酸化防止剤の可能性があるということです。


ビタミンCとビタミンC誘導体は、まったく別の働きのために入っている成分なので勘違いしないようにしてください。