肌の手入れTop >  お手入れの方法 >  洗顔料、石鹸、フォーム

洗顔料、石鹸、フォーム

まず、洗顔料を選びましょう。選ぶ基準は弱酸性、または中性と書いてあるものを選びましょう。アルカリ性のものは洗浄力が強くて皮脂を落とし過ぎてしまいます。油汚れなどを落とすには良いかもしれませんが、顔を洗うには洗浄力が強すぎます。


もちろん一般的なアルカリ性の石鹸で顔を洗っても何ともない方はたくさんいます。でも、洗顔後に顔が突っ張ったりする方や、ニキビのあるかたはアルカリ性の洗顔料は控えた方がいいでしょうね。症状を悪化させる原因になりかねません。


次に、洗顔の目的を覚えておいてください。洗顔の目的は、汚れや余分な皮脂を取ることになります。
洗顔が不十分だと、肌の上の油分などが酸化して、悪いアブラになってしまいます。


その悪いアブラが、肌の老化やシワの原因にもなりますし、洗顔後の保湿にも悪影響を与えてしっまているんです。洗顔はスキンケアの基本です。いつまでもキレイな素肌でいるためには洗顔は欠かせませんね。


最後にメイク落としについて、になります。いろいろ言われていますが、メイクを落とす時はダブル洗顔をオススメします。理由は、クレンジング用品には油分が含まれているからです。


ダブル洗顔をしないと、その油分が顔の上に残ってしまいます。残った油は酸化して、肌まで酸化させてしまいます。肌が酸化するとシミやシワの原因になる恐れもあります。そうならないためにも、キッチリ油分を落とすためにダブル洗顔を心がけましょう。


ダブル洗顔をすると肌がカサカサになってどうしようもないという方は、メイク用品を油分の少ないタイプに変えましょう。化粧直しが少し必要にはなりますが、洗顔は一度で大丈夫でしょう。クレンジング用品も出来れば弱酸性のものを選びたいところですね。